« 2007年9月 | メイン

2007年10月 アーカイブ

2007年10月22日

アパレル業界とファッションの細分化

アパレルとは、そもそも衣類、衣服、その中でも特に、既製服のことを意味する言葉です。そして、既製服を作るメーカーのことは、アパレルメーカーと呼びますが、現在では、「アパレル」という場合は、アパレルメーカーのことを指す場合も多いような気がします。

アパレルはますますの発展を遂げています。ここではアパレルとはアパレルメーカーを指しています。日本ではアパレル産業の市場規模は、衣服・その他の繊維製品製造業の製造品出荷額は2兆円を超えるほどです。さらにアパレル産業に従事する企業の従業者数は20万人超、その事業所数は全国に1万箇所以上です。

発展を続けているアパレル業界も、ファッションのジャンルがどんどん細分化されています。今のアパレルとは、そろそろ飽和状態になりつつあります。これまでと同じ販売戦略ではこれ以上の発展を望めないアパレル業界では、とうもろこしを使った生地やクールビズなどで環境問題を取り入れてビジネスチャンスを狙っています。

アパレルとは今のままでは安い輸入品などに押されて産業自体が縮小してしまいます。今後、生き抜いていくためには、デザインだけでなく、新素材などの開発努力も今後ますます必要になってくると思われます。アパレルメーカーは世の中に先駆けて様々な技術を開発していかなくてはなりません。

アパレル業界の求人情報の賢い探し方

アパレル業界は、多岐に渡ります。製造から流通、販売までを含めるとそこに関わる企業は本当にたくさんあります。そして、一つの会社の中でも関わる仕事は広告や営業など多岐にわたります。そのため、アパレル業界の求人情報は多種多様の膨大な情報量となります。

アパレル業界の求人は膨大な量にのぼり、そしてその情報は日々変化することから、インターネットのサイトの中にもアパレル業界の求人情報を専門に扱ったサイトが多数見られます。そのため、アパレル情報の求人情報を求めている人は情報を比較的容易に手にすることができます。

豊富な求人情報があるので、アパレルの経験や技術があればいつでも仕事を得ることができると考えるのは非常に甘い考えです。アパレル業界は不安定で、給与や休日などの勤務条件も厳しい場合もたくさんあります。そのために途中でやめてしまう人もたくさんいることも事実なのです。

アパレル業界の求人情報は豊富にありますが、その中からどこを選ぶかは自分次第です。詳しい勤務条件や会社の雰囲気についてもきちんと調べて後悔しないように決めていかなければ場なりません。その上で仕事をしていく中では、自分のやりたいことができる業界といえるでしょう。

>>>シャネルのファッションアドバイザーほか人気のアパレルの求人情報はこちらic_pikapika.gif

2007年10月23日

アパレル業界への就職人気は高まっています

アパレル業界への就職人気は今も高まっています。就職活動については様々な情報誌が出ていますが、アパレル業界はその中でも専門に就職支援情報を提供している情報誌や情報サイトの多い業界です。ブランドなどの良好なイメージもあり、就職希望者が多いことがうかがえます。

アパレル業界の就職を希望する人たちにとって豊富な情報があふれていますが、そのほかにも実際に自分のネットワークを使って話を聞いて就職を決める人も多いです。そのためには、もしアパレル業界への就職を希望しているのであれば事前に先輩などとのコミュニケーションを密にしておきましょう。

しかし、少しくらい就職活動はうまくいかなくても、あきらめるのはまだ早いです。自分のやりたいことを信じて、きちんと就職活動で志望動機やアピールポイントをPRする努力を忘れずに、アパレル業界での就職活動を続けていくことのほうが大切です。求人情報をたくさん集めて続けましょう。

とにかく就職支援情報をたくさん得ることによって、アパレル業界への就職に必要な努力を早めにしていくことが大切です。就職活動中に集めた情報は就職後も自分の仕事に必ず役立つこととなると信じて、できるだけアパレル業界についても知識を広げていきましょう。

2007年10月24日

アパレル業界への転職で最も必要なこと

アパレル業界で自分にとってやりがいのある仕事をしたいと思っている人、まずはアパレル業界についていろいろと情報を集めましょう。アパレル業界には様々な職種があり、チャンスさえあれば転職して自分の才能も伸ばすことができる業界です。もちろん、努力も必要です。

これからのアパレル業界では最も必要なのは「サービスの向上」だと言われています。つまり、人的資源の質の向上です。このために、アパレル業界ではこれまで以上に優秀な人材を求めています。そのためには、アパレル業界での経験を積んだ即戦力となる人材を必要としているのです。転職希望者もまたその対象となります。

しかし、アパレル業界の会社が探している転職希望者はアパレル業界のみには限られません。別の業界での人事などのキャリアが生かされる場合もあります。自分が転職できるかどうかは、これまでの経験を自分のものとして次の仕事にどうやって生かせるかにかかっています。

キャリアアップが図れるからといっても、転職はやはり多くの労力と時間のかかる一大事であることは変わりありません。自分の夢のため、そう信じて様々な情報を得ることによってアパレル業界でのキャリアアップのチャンスを見逃さないようにその手に掴みましょう。

>>>シャネルのファッションアドバイザーほか人気のアパレルの求人情報はこちらic_pikapika.gif

About 2007年10月

2007年10月にブログ「アパレル業界派遣のオシゴト@求人転職情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年9月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。