アパレル業界の基礎知識


あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定ic_pikapika.gif

アパレル業界とファッションの細分化

アパレルとは、そもそも衣類、衣服、その中でも特に、既製服のことを意味する言葉です。そして、既製服を作るメーカーのことは、アパレルメーカーと呼びますが、現在では、「アパレル」という場合は、アパレルメーカーのことを指す場合も多いような気がします。

アパレルはますますの発展を遂げています。ここではアパレルとはアパレルメーカーを指しています。日本ではアパレル産業の市場規模は、衣服・その他の繊維製品製造業の製造品出荷額は2兆円を超えるほどです。さらにアパレル産業に従事する企業の従業者数は20万人超、その事業所数は全国に1万箇所以上です。

発展を続けているアパレル業界も、ファッションのジャンルがどんどん細分化されています。今のアパレルとは、そろそろ飽和状態になりつつあります。これまでと同じ販売戦略ではこれ以上の発展を望めないアパレル業界では、とうもろこしを使った生地やクールビズなどで環境問題を取り入れてビジネスチャンスを狙っています。

アパレルとは今のままでは安い輸入品などに押されて産業自体が縮小してしまいます。今後、生き抜いていくためには、デザインだけでなく、新素材などの開発努力も今後ますます必要になってくると思われます。アパレルメーカーは世の中に先駆けて様々な技術を開発していかなくてはなりません。

edit

cms agent template0039/0040 ver1.003